株式会社七呂建設のような会社で働くとは

就職というのは生活の基盤であるため、多くの人が関心を持っている事柄のひとつです。ただ単純にお金を稼ぐ手段という意味だけではなく、働くというのは人が生きがいを感じやすいため、適当な会社に入ってしまうと後悔することになる場合もあるといいます。一体どのような会社に入るのが良いのでしょうか。また、その会社の将来性を見るためにはどうすれば良いのでしょうか。

南九州で勢力を伸ばしているという株式会社七呂建設に就職した人の中には、地元で勢いがあるため決めたという人もいるようです。大手のハウスメーカーにも興味がある人も振り向かせる株式会社七呂建設の魅力としては、地元ならではのニーズに対応できる強みがあるようです。たとえば、株式会社七呂建設は、鹿児島県内で新築着工棟数第2位という輝かしい実績を持っているといいます。また、それだけではなく、鹿児島市民ホールや鹿児島アリーナといった大型の施設に関わる仕事もしていたようです。地元で長年培ってきた信頼感と、それに伴ったノウハウによって成長してきた企業であることが、就職のポイントとなったという人もいるといいます。

では、株式会社七呂建設についてもう少し詳しく知っていきましょう。株式会社七呂建設は、イシンホームの加盟店の中でナンバーワンを記録した実績も持っているそうです。イシンホームは、阪神淡路大震災をきっかけに組織化されたグループです。そのため、家づくりを通じて人に幸せを与えたいという気持ちに長けているといいます。そのような集団の中でナンバーワンを記録するというのは、なかなかできたことではないという声もあるでしょう。また、「お母さんに贈りたい家」や「ローン0円住宅」などといったユニークな商品を扱っているということも、魅力的に映るようです。このような柔軟な発想が出てくるということも、株式会社七呂建設に就職したいという気持ちを掻き立てる一因になるのかもしれません。

そんな株式会社七呂建設で働く上での喜びというのは、どのようなものなのでしょうか。ある人は、顧客に満足感を与えたときだといっています。難しい案件を自分の力で解決し、顧客とともに感動を分かち合うということは何物にも代え難いようです。さらに、株式会社七呂建設では、上司や同僚との関係性も近いとのことで、たとえ違う業種であってもそのスキルを共有することがあるようです。このようなポイントは、ただできる仕事が増えるだけではなく、組織そのもののコミュニケーションを潤滑にさせます。住宅に関する仕事をするのであれば、このような職場が良いという人もいるでしょう。この機会に求人情報にも目を通しておくと良いのではないでしょうか。

管理人が選ぶサイト▷▷▷イシンホーム西鹿児島店 – 標準装備充実の新築住宅 (株)七呂建設

株式会社七呂建設で自分のスキルを磨く

お金を稼ぐために就職をするというのはたしかに当然の話です。しかし、それだけではなく、生きがいを求めて仕事をすることによって、より人生が輝くという声も聞かれます。また、住宅販売に関わる仕事は、人の一生に関わる買い物に関連する仕事であるため、とてもやりがいが感じられるという声もあります。では、どのような住宅販売に関わる企業に就職するのが良いのでしょうか。

株式会社七呂建設は、戸建の住宅着工棟数で鹿児島県内第2位という数字を持っているという総合建設会社です。そのため、地元からの支持率も高く、知名度もトップクラスなのだそうです。1963年、大型の型枠工事会社からスタートした株式会社七呂建設は、鹿児島市民文化ホールや鹿児島アリーナ、県民交流センターなどという有名な建築物の設計にも関わっているといいます。半世紀以上ものあいだ、地元に密着した経営を行っていることで、ノウハウも蓄積しているそうです。また、地元だけではなく、日本全国にも着実に名を広めているようです。成長性においては業界誌でも注目されているとのことで、ランキングで上位に食い込むという実績も持っているなど、将来性も高く評価されているといいます。

さらに、株式会社七呂建設は、顧客に喜んでもらう家づくりを実現するために、ある取り組みをしているといいます。それは明確な金額表示がされたプラン集なのだそうです。何かとどんぶり勘定になりがちな建設業界において、建物や設備に関する金額を事前に明確に示すという株式会社七呂建設の取り組みは、建設業界でも非常に珍しいといわれています。そのため、顧客からも信頼されているようです。家づくりにおいては予算が重要となります。あらかじめ金額を提示することによって、イメージもより具体的になりますし、その要望にも株式会社七呂建設は柔軟に対応するといいます。このような取り組みが数字として出ているのでしょう。

また、社風や風土も注目されているポイントです。誠実であたたかい社風で、入社して分からないことがあっても応援してくれるのだそうです。先輩の丁寧な指導によって安心できたという声や、声かけしてくれたので助かったという声もあるようです。さらに、集客力の高い株式会社七呂建設では、顧客を探す苦労がないといいます。そして、商談も信頼感が高いため、スムーズにいくのだそうです。そのため、商品のクオリティを高めたり自分のスキルを上げたりする時間を持つことができるといいます。そうした社員の取り組みによって、さらに業績が伸びる好循環ができているという株式会社七呂建設は、今後も成長していく会社のひとつとして注目を集めているようです。

株式会社七呂建設のすごさ

現在、日本全体では地震に対する備えが必要だという共通認識があります。そのきっかけになった出来事といえば、阪神淡路大震災でしょう。地震とは無縁と語られることが多かった関西地方に、甚大な被害をもたらしたこの地震によって生まれたイシンホームと、そこで実績を積み重ねる七呂建設について知っておきましょう。

住宅の設計や販売に携わる人にとって、阪神淡路大震災はショッキングな出来事だったといわれています。大都市である神戸に大きな被害をもたらし、無残な姿になったのを職人たちは愕然とした様子で眺めていたのだそうです。それは、地震大国であるとされる日本における、家づくりの転換期だったともいわれているようです。

組織化されたイシンホームでは、180社以上が参加しているといいます。株式会社七呂建設もその中のひとつのようです。株式会社七呂建設の家が地震に強いといわれている理由のひとつは、家に豪州桧を使っているということです。柱に豪州桧を使って土台をつくることで、シロアリが逃げるのだそうです。このような珍しい木材を使うことで、薬剤処理が不要になるといいます。また、薬剤の保証は5年程度ですが、豪州桧はその何倍も耐久性があるので、コスト面でも有効なのだそうです。さらに、株式会社七呂建設では、乾燥した空気を床下に送り込むといいます。そのことで、シロアリや菌の繁殖を抑えるのだそうです。床下はリフォームする可能性が高い部分です。そこにこのような仕組みをほどこすことによって、より住みやすい家にしていけるといいます。さらに、鉄骨入りのベタ基礎は地震に強く、さらに床下に土の中の水分を通さないため、木材にダメージを与えにくいのだそうです。

このような取り組みをしているイシンホームの中において、株式会社七呂建設は全国でナンバーワンを獲得しているといいます。また、営業成績ナンバーワンも株式会社七呂建設の社員なのだそうです。顧客の要望に応える提案力と技術力、商品力だけでなく、人間力も兼ね備えているのが株式会社七呂建設の強みになっているといいます。鹿児島県内でも新築着工棟数第2位という、たしかな成長を見せている株式会社七呂建設の秘密は、新入社員の成長にあるのだそうです。新入社員の定着率は2013年から100%を達成しているといいます。このような数字を叩き出せるのは、仕事にやりがいを持てるような環境にあるのでしょう。上司や同僚からのサポートはもちろん、会社自体に集客力があるために、自分の時間を有効に活用することができるのだそうです。これが株式会社七呂建設の魅力のひとつといわれています。

地震に強い七呂建設

さまざまな自然災害に悩まされている現代の日本で、とりわけ大きく話題とされるのが地震ではないでしょうか。東日本大震災や大分熊本地震では、その被害の甚大さに多くの人が恐怖したのではないかと思います。その中で、やはり住宅の地震対策が話題になっているようです。一体、どのような対策をしている住宅会社が良いのでしょうか。また、その会社では社員に対してどのような取り組みをしているのでしょうか。

南九州で活躍する株式会社七呂建設は、イシンホーム住宅研究会に加入しているといいます。この建設会社では、阪神淡路大震災からの教訓を生かして、住宅に関してありとあらゆる施工を行っています。たとえば、家の土台にはシロアリを寄せつけない豪州桧を採用しているそうです。また、乾燥した空気を送り込むことによって、床下の耐久力を高めることができるといいます。ほかにも、地震に強いとされる鉄骨入りのベタ基礎を用いる、ということも行っているのだそうです。さらに、柱には国産材を使用しているといいます。海外産のものよりしなりがあり、粘り強いとされる国債の木材は、家を守るのに適しているのだそうです。また、それだけではなく、林業の衰退により荒れ果ててしまった山の手入れと再開発を促し、二酸化炭素を吸収することを助けるのだそうです。さらに耐震性については、壁倍率3倍という強度を誇るエコ機密パネルや、一般的な木材よりも1.5倍強いエンジニアリングウッドを使用しているといいます。このことによって、株式会社七呂建設は抜群の強度を誇る家を建設することができるのだそうです。地震に対して不安を持っているという人でも、株式会社七呂建設のような会社を選択することで、安心感を得ることができるのではないでしょうか。

地震に対して強い取り組みを見せているイシンホームの中において、七呂建設はナンバーワンという評価を獲得しているといいます。また、営業成績においても、株式会社七呂建設の社員がナンバーワンを獲得しているのだそうです。このような評価を獲得できるのは、商品力の高さだけではなく、会社全体の雰囲気が良いからだといえるのではないでしょうか。社員と社長の距離が近いとのことで、オープンな雰囲気がつくられ、風通しが良いのだそうです。また、それだけではなく、他部門との情報の共有も盛んに行われているといいます。これにより、ほかの業種の仕事を理解できるだけでなく、いろいろな部署が分け隔てなく仕事のできる環境をつくり出すことも、株式会社七呂建設では可能になっているようです。もしも、住宅関係の仕事で自分が成し遂げたいことがあるのであれば、七呂建設のような会社の求人情報をチェックしておくに越したことはないでしょう。

七呂建設の仕事への考え方

鹿児島県内で第2位、鹿児島市内では第1位という着工棟数を誇る株式会社七呂建設は、高い技術力を持ち、それを基盤として注文住宅を施工、販売しているといいます。そのため信頼性も高く、紹介率が業界平均の2倍にあたる35%を記録しているのだそうです。鹿児島県内を中心とした施工エリアを持ちながら、宮崎県や熊本市にも進出しているという株式会社七呂建設について詳しく知っていきましょう。

株式会社七呂建設の特徴のひとつとしては、現場主義というものがあるといいます。これは、創業者や現在の経営者も、建築士などといった技術職を経ていることに由来しているそうです。そのため、顧客に満足感を与えることに対して並々ならぬ思いを持っているといいます。建築を通じて地域に貢献する、顧客の不安や悩みを解決するという理念を築き上げていったのだそうです。さらに、西本願寺や鹿児島市民文化ホール、鹿児島アリーナや県民交流センターといった大規模な型枠大工工事を行ったといいます。このことによりノウハウが培われてきたのでしょう。その当時の最新技術を駆使した高い技術力は、株式会社七呂建設の実力を遺憾無く発揮させるものだったといいます。そして、それらの技術力は、注文住宅事業にも生かされているそうです。長い歴史が裏づける株式会社七呂建設に対しては、確かな信頼感があるという人が多いといいます。

このような特徴のある株式会社七呂建設では、新入社員が定着する特徴があるのだそうです。2013年から毎年行っているという新卒採用は、定着率100%という数字を記録しているといいます。どうしてこのような数字が生まれるのか。それは、株式会社七呂建設の仕事に対する考え方にあるようです。仕事は人生において、多くの割合を過ごす時間になります。だからこそ、仕事を充実させることは人生を充実させることにも繋がるでしょう。そして、仕事を通じて顧客だけではなく、家族や同僚といった多くの人を幸せにする仕事をすることが、七呂建設の仕事に対するスタンスなのだそうです。

2017年には社員食堂や事業所内に保育園をつくるなど、ますます働きやすい環境へと生まれ変わるという株式会社七呂建設。2018年には本社社屋が完成するとのことで、ピカピカの本社で出勤することが働く人にとっては心地良いものとなるでしょう。住宅という人が暮らす生活の基盤に関わる仕事を、自分の仕事にしたいと考えているのであれば、株式会社七呂建設のような会社を知っておくのも良いかもしれません。充実した仕事から、充実した人生を手に入れたい人にとっては、目の離せない存在になるのではないでしょうか。