株式会社七呂建設で自分のスキルを磨く

お金を稼ぐために就職をするというのはたしかに当然の話です。しかし、それだけではなく、生きがいを求めて仕事をすることによって、より人生が輝くという声も聞かれます。また、住宅販売に関わる仕事は、人の一生に関わる買い物に関連する仕事であるため、とてもやりがいが感じられるという声もあります。では、どのような住宅販売に関わる企業に就職するのが良いのでしょうか。

株式会社七呂建設は、戸建の住宅着工棟数で鹿児島県内第2位という数字を持っているという総合建設会社です。そのため、地元からの支持率も高く、知名度もトップクラスなのだそうです。1963年、大型の型枠工事会社からスタートした株式会社七呂建設は、鹿児島市民文化ホールや鹿児島アリーナ、県民交流センターなどという有名な建築物の設計にも関わっているといいます。半世紀以上ものあいだ、地元に密着した経営を行っていることで、ノウハウも蓄積しているそうです。また、地元だけではなく、日本全国にも着実に名を広めているようです。成長性においては業界誌でも注目されているとのことで、ランキングで上位に食い込むという実績も持っているなど、将来性も高く評価されているといいます。

さらに、株式会社七呂建設は、顧客に喜んでもらう家づくりを実現するために、ある取り組みをしているといいます。それは明確な金額表示がされたプラン集なのだそうです。何かとどんぶり勘定になりがちな建設業界において、建物や設備に関する金額を事前に明確に示すという株式会社七呂建設の取り組みは、建設業界でも非常に珍しいといわれています。そのため、顧客からも信頼されているようです。家づくりにおいては予算が重要となります。あらかじめ金額を提示することによって、イメージもより具体的になりますし、その要望にも株式会社七呂建設は柔軟に対応するといいます。このような取り組みが数字として出ているのでしょう。

また、社風や風土も注目されているポイントです。誠実であたたかい社風で、入社して分からないことがあっても応援してくれるのだそうです。先輩の丁寧な指導によって安心できたという声や、声かけしてくれたので助かったという声もあるようです。さらに、集客力の高い株式会社七呂建設では、顧客を探す苦労がないといいます。そして、商談も信頼感が高いため、スムーズにいくのだそうです。そのため、商品のクオリティを高めたり自分のスキルを上げたりする時間を持つことができるといいます。そうした社員の取り組みによって、さらに業績が伸びる好循環ができているという株式会社七呂建設は、今後も成長していく会社のひとつとして注目を集めているようです。