地震に強い七呂建設

さまざまな自然災害に悩まされている現代の日本で、とりわけ大きく話題とされるのが地震ではないでしょうか。東日本大震災や大分熊本地震では、その被害の甚大さに多くの人が恐怖したのではないかと思います。その中で、やはり住宅の地震対策が話題になっているようです。一体、どのような対策をしている住宅会社が良いのでしょうか。また、その会社では社員に対してどのような取り組みをしているのでしょうか。

南九州で活躍する株式会社七呂建設は、イシンホーム住宅研究会に加入しているといいます。この建設会社では、阪神淡路大震災からの教訓を生かして、住宅に関してありとあらゆる施工を行っています。たとえば、家の土台にはシロアリを寄せつけない豪州桧を採用しているそうです。また、乾燥した空気を送り込むことによって、床下の耐久力を高めることができるといいます。ほかにも、地震に強いとされる鉄骨入りのベタ基礎を用いる、ということも行っているのだそうです。さらに、柱には国産材を使用しているといいます。海外産のものよりしなりがあり、粘り強いとされる国債の木材は、家を守るのに適しているのだそうです。また、それだけではなく、林業の衰退により荒れ果ててしまった山の手入れと再開発を促し、二酸化炭素を吸収することを助けるのだそうです。さらに耐震性については、壁倍率3倍という強度を誇るエコ機密パネルや、一般的な木材よりも1.5倍強いエンジニアリングウッドを使用しているといいます。このことによって、株式会社七呂建設は抜群の強度を誇る家を建設することができるのだそうです。地震に対して不安を持っているという人でも、株式会社七呂建設のような会社を選択することで、安心感を得ることができるのではないでしょうか。

地震に対して強い取り組みを見せているイシンホームの中において、七呂建設はナンバーワンという評価を獲得しているといいます。また、営業成績においても、株式会社七呂建設の社員がナンバーワンを獲得しているのだそうです。このような評価を獲得できるのは、商品力の高さだけではなく、会社全体の雰囲気が良いからだといえるのではないでしょうか。社員と社長の距離が近いとのことで、オープンな雰囲気がつくられ、風通しが良いのだそうです。また、それだけではなく、他部門との情報の共有も盛んに行われているといいます。これにより、ほかの業種の仕事を理解できるだけでなく、いろいろな部署が分け隔てなく仕事のできる環境をつくり出すことも、株式会社七呂建設では可能になっているようです。もしも、住宅関係の仕事で自分が成し遂げたいことがあるのであれば、七呂建設のような会社の求人情報をチェックしておくに越したことはないでしょう。